TALO

talo4102mm.exblog.jp
Top
<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
|
2016年 05月 09日 |


camp に行って何をしているの? とよく聞かれる…
「いつもよりシンプルな生活。」と答えることもあれば
「自然を相手に格闘している。」なんて答えることもある。

camp に行くことはスキーや波乗りに行くことと同じで
それ全体がすでに行動であり最高の遊びなのだ。

f0222716_1922117.jpg

CAMP RABBIT
2016.4/29 (FRI) 〜 5/2 (MON)


久しぶりに訪れたキャンプラビット
8:30 のアーリーチェックインにまだ1時間もあった。
一番のりというのは、気合い入り過ぎの様に見えただろうか?… 少々気恥ずかしい。

ゲート付近から見える前泊者は1組か2組程度。
場内を眺めながら昔の記憶を辿った。
初めてここを訪れたのは20年ほど前で、キャンプ場がオープンして間もない頃だった。
最後にお世話になったのが10年近く前になるだろうか…

本当のことを言うと、年甲斐もなくワクワクしていた。
3泊4日、ドップリ camp してやろうと正直気合いも入っていた。

f0222716_1932310.jpg

今回使用させていただいたのは、そこを指定するキャンパーが多いという人気のサイトらしい…
そのサイトだけが独立したエリアでとにかく広く、トイレや炊事棟までの動線もいい。
(RABBITさんありがとうございます。)


使用する幕類は 春・秋スタイル
・ シェルター snow peak トルテュ pro
・ タープ   snow peak Classic Tarp Hexa L

タープは20年使用し修復不能となった初代ヘキサに変わり、新幕導入。
Classic Tarp Hexa L *Sepposai Limited* にしたのは

引退したヘキサが モナコベージュ×エンジ (赤翼)だった事へのオマージュだ。
クラッシックタイプのロゴは好みではないが…
f0222716_19442539.jpg


レイアウトはいつもの タロキャン スタイル。

途中何度か休憩を入れて、楽しみながら設営は終わった。
いよいよ CAMP 本番だ。

シェルター内

f0222716_19455220.jpg

タープ下

f0222716_19462629.jpg

camp 中の天気は、どんどん変化した。(参考までに…)

 4/29       am 晴れ(15℃前後):薄手のフリース   
          pm 晴れ→曇り・雨(6℃前後):フリース+上着
 4/30 深夜(3.9℃) am 晴れ→曇り(10℃前後):フリース+上着 
          pm 曇り・雨(11℃前後):フリース+上着
 5/1 深夜(8.9℃) am 雨→曇り(17℃前後):薄手のフリース  
          pm 曇り・雨(20℃前後):ロンティー
 5/2 深夜(9.2℃) am 晴れ(15℃前後):ロンティー

基本的にはTシャツ・フリース・ウィンドブレーカーなどで layering していれば過ごせる気温だった。


個人的にすごくツボに入る、センスの良い施設のデコレーションや Signboard 類。
f0222716_20114553.jpg


いつものことだが camp の楽しみのひとつが食事。
家から持参したのは1日目〜2日目朝分程度の食材だけで、買出しに出るのは2日目だけの予定にしていた。
GW中は周辺道路の混雑を予想していたのと、NAOZO さんのパンの予約もあったからだ。

以下が今回の camp 中の食事メニュー。(私的な記録に)

 炭火焼き  ・魚介 ホタテ、ツブ貝、イカゲソ、シシャモ、イイダコ
       ・肉類 焼き鳥、骨付きソーセージ、アスパラ豚バラ巻、バジルチキン、照焼きチキン、ホルモン
       ・他  厚揚げ、焼きおにぎり
 単品料理  ・ベーコンエッグ、スクランブルエッグ、カリカリベーコン、
 オーブン  ・ローストビーフ、ピザ(マルゲリータ、タルタルソースの照焼きチキン、コンビーフとコーンなど)
        ジャガバター、
 スキレット ・タコのアヒージョ、カマンベールのフォンデュ(エビ、ブロッコリー他)
 汁物    ・もやしスープ、コーンポタージュ
 パン類   ・NAOZO(山型食パン、くるみレーズンブレッド 他)
 ツマミ類  ・オイルサーデン、ホタルイカ酢みそ、ピリ辛もやし、ペッパーナッツ、サラミ
        サラダ、キムチ、漬け物、もずく
 バウルー  ・照焼きチキンのホットサンド沼サン風
 飲み物   ・ビール、生ワイン(赤・白)、カクテル、酎ハイ、ソフトドリンク 他

f0222716_20202056.jpg

snow peak コンボダッチデュオ 購入以来、家でも camp でも非常に活躍してくれるクッカーになった。
今回ピザもこれで焼いたのだが、8インチでも10インチでも炭を乗せられるダッジオーブンの蓋を利用すれば
上強火ができて美味しく焼ける。

f0222716_10563490.jpgf0222716_10581046.jpgf0222716_10583538.jpg







うちのダッジオーブンは今回ローストビーフを作るために持ってきたのだが、ディープなためピザの出し入れがしにくい。
コンボダッジの plate×2 と skillet×1 とを併用すれば、小さめだが3種類のピザの仕込みは済ませておくことができる。
あとは焼くだけなので調理がしやすく、ディープなオーブンの様に火傷の心配も減って使いやすい。

f0222716_20205448.jpg

という訳で、いつもの様に居酒屋メニューだがよく食べよく飲んだ。



camp のたびに何かを娘にレクチャーしている。
今回は火起し… まじめにメモまで取っている。

f0222716_14293422.jpg

3人の子ども達には「好きなことをして生きていきなさい。」と伝えて育ててきた。
「そのためにやりたくないこともやって、自分の引き出しを増やしていきなさい。」と…

 長男 我が路を行く cyclist
 次男 人情味溢れる gambler
 さてこの末娘、この先どうなるのだろう...
 いずれにしても皆、現在進行形ではあるが...

f0222716_15142056.jpg


camp 中、倉川オーナーと話をする時間があった。
キャンプ場立ち上げ時の苦労話
息子さんも一緒に仕事していること
キャンプに対する想い

「ホテルや旅館に泊まるのも、上げ膳据え膳でたまにはいい。」
「けれど、あとはTV観るとか、暇でやることがないんだよね。」の話しに、内心笑ってしまった。
根っからの貧乏性か、キャンプ◯◯なのだと同感したからだ。


camp の魅力は自然の中に身を置くこと...

自ずとやらねければいけないことも沢山ある。
それでもゆったりと過ごせるのは、無駄な事をしないからだと思う。

f0222716_15463841.jpg

満天の星空

f0222716_1793195.jpg

木々の声を聞きながら眠り

f0222716_11415976.jpg

夜明け

f0222716_1234457.jpg

至福の一杯

f0222716_12323550.jpg

何もしない時間

f0222716_1272612.jpg

心地よい雨音

f0222716_1275386.jpg

焚き火

f0222716_12243166.jpg

夕暮れ

f0222716_122450100.jpg



f0222716_12251652.jpg

おいしい酒と料理

f0222716_233305.jpg

暗闇を照らす灯り

f0222716_2335757.jpg

穏やかな会話

f0222716_22581578.jpg

また 静かな夜

こんなことをくり返す 贅沢な時間。

Simple がいい… 人間も生活も…



f0222716_18143916.jpg

3泊4日の camp
それでも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。


CAMP RABBIT  近年流行の高規格のキャンプ場ではないが、どの施設も綺麗で清潔
足りないものがあればキャンパー自身が工夫すればいいだけのこと
それさえも、ここの居心地のよさと比べてしまうと些細なことになってしまう。

倉川オーナーと話をすればわかる。
何が必要で、何が必要ではないか…

自分はどうだろう
シンプルに、コンパクトにと長年集めたキャンプ道具は家では山のようになり
ヘビーな装備で乗り込んでシンプルな camp のよさを知る…

僕にとって camp は、自分を見つめ直すいい時間だ。

f0222716_18134153.jpg

倉川オーナーにはこれからもずっと
僕らに居心地のよいキャンプ場を提供して頂けたらと思う。
息子さんと一緒に…


みなさんも 素敵な camp を


  TaLo-kiyo



PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項