TALO

talo4102mm.exblog.jp
Top
CAMP-2015.autumn / メープル那須高原キャンプグランド Day3
2015年 11月 01日 |



昨夜も強い風で時折目をさましました。
シェルター内もぼんやりと、日出の気配につつまれています。
寝袋の中にいても、前日より気温が低いことが判ります。
頭の先も見えない程、妻と娘は寝袋に潜り込んだままです。


f0222716_18433248.jpg



* Day3-am *

6:00 外気温2.7℃ 3℃以下になるとやっぱり寒いです。
11月の初旬でそこまで気温が下がると予想していませんでした。
深夜の強風と放射冷却の影響なのでしょう…

秋からのcampでは3℃を基準に防寒装備のレベルを変えています。
3℃以下であれば、AC電源を利用してテント内でホットカーペットを使用するか
寝袋を変更するなどしますが、今回は用意しませんでした。
これもcamp、よくあることです。

僕は日課のようにコーヒーと暖を取る準備をはじめます。
雲一つない青空、風もおさまり今日もいい天気になりそうです。
f0222716_19243574.jpg

薄着で寝ているより起きた方が暖かいと思ったのか
二人はいつもより早く起きて焚火にあたっています。
冷気の中にあって、薪の爆ぜる音が心地よく
体が目覚めるまで、焚火とコーヒーで暖をとります。
夏場とは違い、まだ場内は目覚めていないようです。

やがて少しずつテントを開くジッパーの音や、炊事棟までの砂利道を行き交う足音が増えて
しだいに焚火の煙もあちこちであがりはじめました。


太陽からのエネルギーを貰ったら、そろそろ朝食の準備開始です。

メニューは  ・NAOZOの山型食パン・ベーコン・ハンバーグ
       ・ 目玉焼き・アヒージョ・スープ・柿
f0222716_13551559.jpg

ずっしり重いNAOZOの山型食パンは、厚めに切ってさらに縦に半分
炭火で軽く炙るだけで、表面はサクサクの中はモッチリ…
粉の風味が感じられるのは、バター、卵、牛乳を使用していないからなのでしょうか?
詳しいことはよくわかりませんが、予約しないと買えない理由はよくわかります。
朝食からガッツリいただきました。

今日は日曜日、他のサイトでは撤収作業中。
そんな様子を横目で見ながら、キャンプ場脇の林に入って薪拾いです。
林の奥は僕→中間に娘→林手前の開けたところに妻、流れ作業で集めていきます。
集める薪は林の中の枯れ木や倒木の枝を払った物で、長くても2m太くても6cm程のものです。
一人一抱えほど集めれば残りのcamp中は十分でしょう。
足りなくなれば、また取りに行けばいいだけのことです。
f0222716_14183062.jpg

薪は自分のサイトで、ファイヤーグリルに入る長さに切ります。
使用しているのは片刃の鉈。
両刃の鉈より切れ味が良いので、枝を払うにも適当な長さに切るのも早いです。
薪割りには両刃を使用しますが、そもそも丸太のような薪は重いので拾いませんし
ウッドストーブなど細い薪が必要な場合は、クラフトナイフでバトニングする方が多いので
やはり両刃の鉈の出番はほとんどないのです。
f0222716_1565285.jpg

一汗かいたから、自分へのご褒美ビールです。
今日の買出しは訳あって夕方前の予定、それまでは各自の自由時間です。
気温もどんどんあがり、ロンティー1枚で十分な陽気です。
気持のよい眠気に襲われていきます。
僕には昼寝の選択肢以外ありませんでした…


* Day3-pm *

うたた寝から目覚めると、娘はメインテーブルを独占して手づくり雑貨の製作中。
女性用の小物やアクセサリーを作ってmeefilieとして販売しています。
f0222716_15201265.jpg

これも今回のcamp用に作ってくれた、布巾。
刺繍のテントは長年愛用している montbell ムーンライト 10型のよう
このテント知らない人が多いのでは?
機会があればまたいつか紹介しますね。

気がつくと、僕が20年程前に着ていたウインドブレーカーを着ている娘!
その存在すら忘れていたのに、僕のクローゼットを物色したらしい…
f0222716_1533913.jpg

こんなに大きなTHE NORTH FACE のロゴ、今ではTシャツ位でしか見ないような。
あげたいような、あげたくないような…
はっきりしているのは、僕はもう着れないだろうということと、時の流れ。

日中は気持ちの良い青空がつづきました。
明日は帰る予定... 雨の撤収になりそうです。
早朝犬の散歩をしていたキャンプ場のオーナーさんが
「 ◯◯さん、明後日も休みなんでしょ? 明日は雨だよ 」なんて意味深なことを…
もう1泊延長しようかな? どうしよう?...
f0222716_1938657.jpg

そろそろ買出しと、新メンバーのお迎えです。
今夜から加わるのは、わが家の長男でランドナー使い(自転車乗り)です。

友人と釣りをするというので、東京の自宅からいわき(福島県)の友人宅へ
そしてこちらに合流するというので、いわきから那須へ来るというタフさ。
おそらくトータル300km以上は移動しているでしょう...

このキャンプ場に来るには、ラスト800m程は砂利の上り坂で
さすがに押してくるのはしんどそうなので、買出し場所で待ち合わせです。
待合せ場所に現れた息子は、手際よく自転車を分解すると車に積み込んでいました。
何か成し遂げた感のある雰囲気で、いつもより少しだけ大きく見えてしまうのは
やっぱり親だからなのでしょうか? 息子も立派な大人なのに...

キャンプ場に戻った頃には 17:00 をまわっており、辺りは暗くなっていて
見渡すと今夜はうちを含めて3組程のよう... また静かな夜になりそうです。
f0222716_1944369.jpg

息子は一度自転車を車から降ろし、輪行袋(キャリーバック)に収め直していました。
その間に、息子の寝床の準備。
事前に合流するかもしれないと聞いていたこともあり、念のため持ってきていたコットとマット。
息子が持参している寝袋(ダウンハガー)なら、インナーテント内でなくとも寒くないはずです。

息子がシャワーを浴びている間に、今夜の宴の準備

今夜のつまみも エビの塩焼き、焼き鳥、カマンベール焼き、万願寺とうがらし
        骨付きウィンナー、大根サラダ、夜食用の焼き芋…   やはり居酒屋

相変わらずお酒が進みます。
今夜は星は見えないけれど、風もなく昨夜より寒くありません。
f0222716_11274849.jpg

わが家の子ども達は上から、男・男・女の3人で、皆成人しています。
娘は休みを合わせてしょっちゅう付いてくるのですが
息子がcampに参加するのは久しぶりです。
皆が次に何をするのかわかっているので、僕もマイペースでいられます。

日常ではそれぞれの生活リズムが違うので
今夜のように家族だけで、寄り添ってお酒を飲みながら話をしているというのは
取れそうで取れない時間です。

家族の距離をいつも以上に縮めて、温もりと優しい時間を与えてくれる焚火に感謝です。
そして 大人camp を楽しむことができるようになった家族にも…

f0222716_02259.jpg

あとはシェルター内でお酒と会話を楽しみながら
心地よい眠気を待つだけです。

おやすみなさい。

TaLo-kiyo





by TALO-4102MM | 2015-11-01 22:27 | タロキャン | Comments(0) |
<< CAMP-2015.autum... PageTop CAMP-2015.autum... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項